アスベストとは…。

 アスベスト(石綿)は地中にて生成される岩石の仲間です。綿のように軽いので、石綿(いしわた・せきめん)とも呼ばれています。

 多くの長所を備えているため、鉱物資源として世界中で様々な目的に使用されてきました。燃えないので、不燃材料として耐火建築物や耐火構造物にはよく使われてきました。気密性も高いので、断熱材・保温材・吸音材に利用されてきました。軽いので、屋根や天井などに使われました。加工しやすいので、布状・帯状・糸状など形は様々でした。粘着性があるので、塗料やセメントなどに混ぜられました。頑丈なので、強い力や摩擦のかかる場所に使われてきました。身の回りのいろいろなところで使われています。

 アスベスト(石綿)は一つ一つは1000分の1ミリほどの、目には見えない小さな繊維状の物質です。材料としては理想的でしたが、私たちの健康には悪影響を与えます。アスベスト(石綿)は発ガン性物質です。加工や破損のときに空気中に飛び散り、吸い込むと肺の奥深くにとどまり、何十年も経てから病気を引き起こします。そのうちのひとつである中皮腫は、アスベスト(石綿)を吸い込んだ後30年から40年後に発症するのです。その事は、かなり以前から知られていたのに、アスベスト(石綿)は使用され続けてきました。

 現在アスベスト(石綿)を他の物質に置き換えたり、使用を制限したり、あるいは禁止したりする動きが世界中に起きています。日本でも、2004年の10月に原則的に建材の使用が禁止されることになっています。しかし諸外国が全面的に禁止した配管やポンプのつなぎ目に使用されるジョイント・シートやシール材へのアスベスト(石綿)の使用、石綿(アスベスト)布の使用を、日本は規制していません。過去に使われた建築のアスベスト(石綿)建材の規制は十分とはいえません。改築(リフォーム)や解体時の飛散が懸念されています。

Copyright © 2004-2016 JAMARDVF. All rights reserved.